2017.09.13 Release !



   





[HUCD-10252]  ¥3,000 (+tax)

商品一部誤植のお詫びとお知らせ




明日を紡ぐ今日、すべての人に笑顔を贈る、カシワギ・チェロ・ワールド!

柏木広樹 (Vc) 葉加瀬太郎 (Vn) 西村由紀江 (Pf) HATSトリオ
「Reminsence ~回想~」

「TODAY for TOMORROW」 トヨタ自動車トヨタ会館
 「A Day To Remember」 NHK山形放送局“やままる”
「HALF TIME」 山口朝日放送“ひるくる!” 
「Eternal Forest ~悠久の森~」 奈良県立医科大学整形外科テーマソング 
他、全12曲



Track List
01.TODAY for TOMORROW
   トヨタ自動車トヨタ会館 イメージソング
02.A Day To Remember
   NHK山形放送局「やままる」メインテーマソング
03.Eternal Forest ~ 悠久の森 ~
   奈良県立医科大学整形外科 テーマソング
04.シリウス
05.SMASH !
06.Reminiscence ~ 回想 ~
   feat. 葉加瀬太郎&西村由紀江
07.Lactic Acid
08.Safflower Garden
   NHK山形放送局「やままる」天気予報テーマソング
09.Eulalie
   feat. “二人旅”
10.HALF TIME
   山口朝日放送「ひるくる!」テーマソング
11.月からの使い ~ ドリトル先生より ~
12.Smile for You


01.TODAY for TOMORROW
トヨタ自動車 トヨタ会館 イメージソング

Compose : 柏木広樹 Arrange : 光田健一
Cello : 柏木広樹 Piano & Programming : 光田健一 Violin & Viola : 真部裕 Flute & Piccolo : 沢野茜 Clarinet : 松永彩子


タイトル・チューンでもあるこの曲は、トヨタ自動車の愛知県豊田市本社にあるトヨタ会館のために作りました。 そこで出会った言葉が、TOYOTAの長い歴史の中で大切にされてきた『TODAY for TOMORROW』。 この言葉にえらく感動しまして、これを音楽で表現するにはどうしようか?と、メロディ探しの旅が始まりました。 前を向いて堂々としているけど、優しい気持ちも入れたいし、時々過去も振り返ってみたい。 そんなメロはどんなかな? そして出来たメロディを健ちゃんに送り、見事なオーケストレーションを施してもらって完成しました。 自分の中にあったメロディたちが、僕が思っている何十倍も壮大になり、健ちゃんのアレンジ、プロデュースには感謝感謝です。


02.A Day To Remember
NHK山形放送局「やままる」メインテーマソング

Compose & Arrange : 柏木広樹
Cello : 柏木広樹 E. Piano : 光田健一 Guitar : 天野清継 Bass : 鳥越啓介 Drums : 齋藤たかし Violin : 金子芳子 Flute : 沢野茜 Programming : 八巻誠Chorus : KASHIKEN


この4月から放送が始まったNHK山形の夕方の情報番組「やままる」のテーマソングとして作った曲です。番組のプロデューサーさんとたくさん話をして、楽曲のイメージを膨らませていきましたが、まず意外だったのは「この番組を見て、明日も元気になるような曲がいい」という言葉でした。 最初は落ち着いた雰囲気の山形の夕方の風景を曲にしようかと思っていましたが、元気が出る曲 ーー> ワクワクするメロ ーー> でも山形の風景も入れたい ーー>イントロが鳴ったら「あ、夕方6時だ」と思ってくれるのが良いよな?、なんて色々なことを想像していたら、ある日ポンとメロディが降ってきました。 最初にできたのはなんとエンディングの歌。 この結論に向かっていくには?ということで他のメロディが出てきましたが、その前にストーリーを妄想します。 Aメロは楽しかった一日、Bメロは、でもこんなこともあったなあという感情、そこに続くメロは、さて明日もいっちょやったるか?。ひたすらこれに合致するメロを想像妄想して、出来上がったのがこの一曲。 なんかちょっと元気出た?って思ってもらえれば最高です。


03.Eternal Forest ~ 悠久の森 ~
奈良県立医科大学整形外科 テーマソング

Compose : 柏木広樹 Arrange : 光田健一
Cello : 柏木広樹 Piano & Programming : 光田健一 Guitar : 天野清継 Bass : 鳥越啓介 Drums & Percussion : 齋藤たかし Violin : 金子芳子 Flute : 沢野茜


数年前からお医者さまの学会のテーマソングを依頼されることがありまして、今回が3曲目。 数年前に初めてある大学病院の方からご依頼いただいた時は、お医者さまの学会=硬くて、難しくて、真面目な曲ってイメージしか無いんだろうな?と思っていたのですが、こちらの思い込み(笑)  命を預かる厳しい仕事をしている人たちが、やる気になったり、元気になれる曲が良いと一様に言われます(笑) この曲は冒頭からメロディが生まれましたが、やはり手順が大事なお医者さんの曲だからでしょうか。。。


04.シリウス

Compose : 柏木広樹 Arrange : 光田健一
Cello : 柏木広樹 Piano : 光田健一 Strings : “今野均 ストリングス” Violin : 今野均 漆原直美 藤堂昌彦 森本安弘 Viola : 二木美里 三品芽生 Cello : 江口心一 西方正輝


今回のアルバムでも「命」をテーマに一曲作ろうと思っていたのですが、そんなことを考える年頃なんです。 前作では『モモの唄』でしたが、今度はもう少し広い感情で曲が出来たら良いなあと思って作曲しました。 実は書き直した一曲でもあります。 健ちゃんに「かしちゃん、このメロで大丈夫?」と言われたのです。 自分としては頭で考え抜いたと思っていたのですが、僕がメロディを作る時に一番大事にしていることが抜けている。 サウンドプロデューサーは見抜いていたのでした。で、最初からやり直し。 人は星を見上げたときに何を思うのか、星になった人たちは残された人に何を思うのか。 僕がチェロを弾いたり、曲を作る時に一番大事にしているのは、感情、そして情景です。 原点に立ち返りしばらくたって、この曲のメロディが出来ました。 「かしちゃん、これを待ってたんだよ!」ってプロデューサー様に言われた時、ちょっとグッときました。 そして、美しいアンサンブルを作ってくれた今野ストリングスの皆さんに感謝!


05.SMASH !

Compose : 柏木広樹 Arrange : 光田健一
Cello : 柏木広樹 E. Piano , Keyboard & Programming : 光田健一 Guitar : 天野清継 Bass : コモブチキイチロウ Accordion : 佐藤芳明 Programming : 八巻誠


「柏木の曲は優しく明るい曲が多いけれど、毒があるものも聴いてみたいな」と、レコード会社の社長さんに言われたことがきっかけで出来たのがこの曲。 確かにいわゆる8ビートの曲はほとんど無いし、ブラスセクションが入るような曲も今まで無いよね?。 ならば一挙に挑戦! ベースラインとコードを先に作ってからメロを書くって、実は滅多になくて(いつもはメロが先)まあ困った困った。 核になるベースラインは絶対に変えないと決めてかかったから、このメロディに到達するまで1ヶ月くらいかかってしまった。 そしてアレンジが完成してブラスセクションが入った時、自分の中に新しい扉が開いたのでした。 久しぶりにご一緒できたアコーディオンの佐藤芳明さん、やっぱり凄かった! そして今回も、キレッキレッなプレイの天野清継さんにも感謝です!


06.Reminiscence ~ 回想 ~
feat. 葉加瀬太郎 & 西村由紀江

Compose : 柏木広樹 Arrange : 光田健一
Cello : 柏木広樹 Violin : 葉加瀬太郎 Piano : 西村由紀江


いつか、やってみたいと思っていたトリオ。 実現しました?!!! 三人が出会って30年、そろそろ過去を振り返っても良いのでは?と思ってメロを作り始めたのですが、出来上がってみたら、さらに20年くらい時が経って、お互いがおじいさんおばあさんになって「こんなことあったねえ?」っていうメロディになりました(笑) この曲のメロは三つあるのですが、それぞれの顔というかイメージというか、キャラクターを設定して作りました。 Aメロ 柏木 ーー> Bメロ 由紀江ちゃん ーー> Cメロ 葉加瀬さん。 しかし出来上がってみると、三つのメロディを三人で行ったり来たり。まさに三人で昔話をしているような仕上がり。 葉加瀬太郎さん、西村由紀江さんお二人の素晴らしい演奏に感謝! そして、三人をよく知る健ちゃんのアレンジが光る一曲でもあります。


07.Lactic Acid

Compose & Arrange : 柏木広樹
Cello : 柏木広樹 Cello : 伊藤ハルトシ


数年前に伊藤ハルトシくんと出会い、このとてつもなく自由なチェリストと、デュオで演奏する曲を作りたいと思って作曲しました。 ほとんどのチェリストは、譜面に書いてあることをどう素晴らしく表現するかに重きを置きますが、彼の場合も勿論その要素もあるのですが、いかにして譜面の外側に飛び出すかということを考えているように感じます。 そんな自由なチェロってとても楽しいし、ならば二人でロックしよう!と思って作ったので、長らく仮タイトルは『チェロック』でしたが、新たにタイトルを付け直しました。 この曲って無駄に体力使うんです。一曲弾き終わると腕がパンパンになるんです。 だから『Lactic Acid』。英語が得意な方は分かるのかな?気が向いたら調べてみてね(笑)


08.Safflower Garden
NHK山形放送局「やままる」天気予報テーマソング

Compose & Arrange : 柏木広樹
Cello : 柏木広樹 Piano : 光田健一 Guitar : 天野清継 Drums : 齋藤たかし Flute : 沢野茜


今回のアルバムの中で唯一、良い意味でのゆる?い気持ちに自分を任せて作った曲(笑) タイトルの「Safflower」=「紅花」は山形県の県花であります。 天気予報のBGMってどんな感じなのかな? 一年を通じて色々な天気があるけど? 山形の風景の写真を見て、山形紅花まつりの写真を見て、天気予報のコーナーの音声を消して映像だけを眺めて、20回目くらいかな?? メロディ、、、キタ!


09.Eulalie
feat. “二人旅”

Compose & Arrange : 柏木広樹 & 光田健一
Cello : 柏木広樹 Piano : 光田健一


健ちゃんと一緒にやっているユニット“二人旅”のナンバーをどうしても入れたくて。実はこれ、今年の春にリリースした“二人旅”のアルバム『Partiendo』で落選した曲なんです。 なぜ落選したか?去年この曲を作った時に健ちゃんが「かしちゃんこの曲暗い、だめだな?」って言ったのを根に持った僕は、強行にアルバムに入れることに反対しました。 ところが、今年のツアーで演奏することになって、久しぶりに二人で演奏してみたら
「かしちゃん、この曲やっぱりいいな?」って無責任に言う人がいて(笑) 俺はこの曲、最初から結構好きでしたが。。。 タイトルの『Eulalie』とは、エドガー・アラン・ポーの詩のタイトルからとりました。 こんなオシャレなこと考えるのは当然僕ではなく。。。詩も素敵なので、一度調べてみてね


10.HALF TIME
山口朝日放送「ひるくる!」テーマソング

Compose & Arrange : 柏木広樹
Cello : 柏木広樹 E. Piano & Keyboard : 光田健一 Flute : 沢野茜 Programming : 八巻誠


山口朝日放送の情報番組「ひるくる!」のテーマソングとして作った曲。昼が来るちょっと前に、この番組を見てひとやすみ、午後からまた頑張ろう!出掛けてみよう!って思ってくれるのはどんなメロディ? 番組のスタッフの方々が、なんというかとても楽しい人たちばかりで(宴会含む・笑)、出演者の方々もいつも笑顔で、テレビの前の皆さんにも笑顔がうつったら良いな~なんて思っていたら、スルッとメロが降ってきた! そしてこの曲を含め全部で5曲、アルバムを通してフルートが大活躍していて、沢野茜さんの美しい音色でお送りしていま~す。


11.月からの使い ~ ドリトル先生より ~

Compose & Arrange : 柏木広樹
Cello : 柏木広樹 Didgeridoo : アンディ・ベヴァン


ドリトル先生シリーズの中で、最も厄介なキャラクターは『オシツオサレツ』でした。 前作でそのミッションをコンプリートでき、今回はいよいよドリトル先生の中で、子供の頃あまり好きではなかった「月」シリーズに着手しようと思い、『ドリトル先生と月からの使い』を読み出しました。 久しぶりに読む「月」シリーズ。おじさんになってから読むと結構面白かった(笑) 今回、表現したいと思ったのは、蛾に乗って月に行くドリトル先生はどんな感じ? 月で起こるありえない色々な事象ってどんな感じ?の二点。 これをチェロのソロで表現しようと思った時、頭の中で鳴り響いたある楽器。 久しぶりに参加してくれたディジリドゥのアンディ・ベヴァンさんが、宇宙に連れて行ってくれました。


12.Smile for You

Compose : 柏木広樹 Arrange : 光田健一
Cello : 柏木広樹 Piano & Keyboard : 光田健一 Guitar & Cavaquinho : 越田太郎丸 Bass : コモブチキイチロウ Percussion : 岡部洋一 
Flute & Piccolo : 沢野茜 Strings : 今野均ストリングス Chorus : KASHIKEN & 今野均混声合唱団


富山で70年続く“サクラパックス”という会社の社長さんとの会話から生まれた曲。 その方は、「会社は確かに利益を追求するものだけど、社員には自分の仕事が社会に貢献している、どこかで誰かを笑顔にしてるって思えるような職場を作るのが自分の役割だ」という話をしてくれました。 自分は自分のため、家族のため、会社のため、社会のため、生きていく要素はたくさんありますが、誰かを笑顔にするために生きているのだとすれば、自然に自分も笑顔になれる。自分が笑顔になれば、きっと誰かが笑ってくれる。 そんなメロディを探して作った曲です。 僕のサンバの曲には欠かせない、岡部洋一さんのパーカッション、コモブチキイチロウさんのベース、越田太郎丸さんのガットギター、カバキーニョの音色も聴きどころだと思います。 今日がんばればきっと良い明日が来る。 僕にとって、この二つは一緒かもしれない!